“アメリカのみならず、日本でもヒットしたこの作品は、シリアス/コミカルの両分野にわたって社会的な影響をもたらした。特にコミカルの分野で、このタイトルをもじった以下のようななぞなぞが流行した。
問・カモメが百羽います。一羽はカモメのジョナサン、では残りは?
答・カモメのミナサン。
このなぞなぞの回答をタイトルとして、1975年5月、放送作家の奥山侊伸が「かもめのミナサン」というエッセイ集を立風書房から出版している。”

意外と知られていないという意味では、自動ドアの電気代は誤解されていることが多いです。1日いくらぐらいだと思いますか?

――うーん、うちのエアコンは半日で100円くらいなんですよね。自動ドアも、やっぱり100円くらいですかね?

 いいえ、もっともっと安いです。100円あれば、1カ月使ってもお釣りが来ます。

――え!? そんなに安いんですか!

 2012年12月時点のデータですが、1台の自動ドアを1日8時間使ってドアを1,000回開閉させた時の電気代は、平均で2.6円弱でした。30日=1カ月換算で平均約76円、1年換算で平均912円という値段になります。

――ほとんど電気を使わないんですね。

 自動ドア1台当たりの消費電力は、20ワットの蛍光灯1灯の消費電力とほぼ同じなんですが、あまり知られていないんですよね。

 それを痛感したのが、2011年の東日本大震災にともなう節電の動きの時でした。この時、自動ドアを切ることが節電につながるという誤解が広まってしまい、正しい情報を伝えるためにいろいろと展開を行ってきました。